CAPとキャップは違うのよ

ごった煮のような話題で、自分一人で盛り上がってるブログでございます。

松山に行ってきた話(前編)

ちょっと前のことになるのですが、突然愛媛県は松山に行ってきました。まぁ突然とは言っても、ちゃんと理由はあったりしますが、ここではさくっと割愛します(汗

 

さてさて時計を巻き戻して、今は7月の上旬。都内の安宿に一泊して、いそいそと羽田空港に向かいます。というのも、久しぶりとなるANA LOUNGEにお邪魔したくなってのこと。SFC修行の2015年は、数え切れないほど羽田のANA LONGEにはお世話になっておりましたが、今年はJGC修行の年。あ、浮気してません!僕、心の底からANAさん愛してるんです!!でも、でも…赤い方のエアラインさん、乗れば乗るほど優遇措置あるんです!!!

 

…少々取り乱してしまいましたが、7時頃にANA LONGEに到着です。

 

そうそう!これこれ!!

f:id:capprivate:20170804225640j:image

 

SAKURA LOUNGEの重厚なゴージャス感もたまらんのですが、ANA LOUNGEは開放的で良い雰囲気なんですよね。しかも土曜の早朝ともあって、お客さんもチラホラってとこです。こりゃー落ち着くw
で、ずいずいと奥に進んでいくと…あれ?こんなスペースあったっけ?結構広いサテライト的なエリアがありまして、そこに陣取ることにしてみました。

 

なかなかシャレオツ
f:id:capprivate:20170804225553j:image

 

奥にあるスペースということもあるのでしょうか、お客さんはほとんどいません。こりゃーいい♪
で、改めてドリンクコーナーに行ってみたらですね。角ハイのサーバがあるじゃないですか。

 

角ハイ、始めたんですね?
f:id:capprivate:20170804230021j:image

 

ジョッキも冷え冷えだぜ♪
f:id:capprivate:20170804230103j:image

 

もうボタン押すだけ、勝手に作ってくれますの
f:id:capprivate:20170804230151j:image

 

うぇーい♪
f:id:capprivate:20170804230243j:image

 

こりゃお手軽でいいんですけどね。でもね?

 

もっといいお酒あったりするんですけど
f:id:capprivate:20170804230349j:image

 

そんなこんなで朝から一杯?を引っ掛け、9:35発のANA585に搭乗するのでした。すでにいい気分ですw

さてさてこのANA585便は、国内線では数少ない787での運行です。妙にテンション上がってしまいます!しかも今回は珍しく特典航空券での搭乗。国内線での特典航空券取得は極力避けているのですが、今回は急遽飛ぶ必要があったので、費用削減というわけでして。

 

キタコレ!787!(←田舎者
f:id:capprivate:20170804231815j:image

 

しかも今回は非常口窓側。つまり足元のスペースは超絶広大。

 

サハラ砂漠レベルっす
f:id:capprivate:20170804231342j:image

 

しかも離着陸時にはCAさんとの相対プレイも

 

微妙な距離感、照れてしまいますw
f:id:capprivate:20170804232233j:image

 

プレミアムシートも当然いいんですけど、やはり非常口の席は特別な感じですね。もちろん非常時にはお手伝いする気ですよ!

 

ロールスロイスのエンジンはやはりジェントル
f:id:capprivate:20170804232411j:image

 

朝からのお酒も相まって、ちょいと一眠り。あっという間に松山に到着しました。

で、約20年ぶりとなる松山は雨。でも風情ある町並みは、以前訪問したときと変わっていませんでした。レトロな路面電車も健在です。

 

ガタゴトガタゴト、揺られて終着駅へ
f:id:capprivate:20170804235105j:image

 

今回は20年前には訪問しなかったところ、道後温泉にやってまいりました。まさしくジブリの世界、お湯屋ですね!

 

せーーーん!
f:id:capprivate:20170804235103j:image

 

一番お安い(お湯に入るだけ)オプションで入館、それでも3回ほどお湯に入ったリ出たりして、いやーーー満喫満喫!さすがに館内での撮影は自粛です。お湯はちょうどいい温度、柔らかくもありじっくり堪能できました。また来たいですねぇ。

 

お湯で満足したところで、ちょっと喉を潤うそうかと辺りを見渡してみたら、お湯屋の向かいにお店がありました。どうせ観光客相手の店だろうなぁって半分冷やかしで入ってみたのですが、これがまあまあいい感じ。料理も一手間かかってましたね。

 

まずは地ビールで喉の乾きを癒やして
f:id:capprivate:20170804234118j:image

 

愛媛といえばじゃこ天
f:id:capprivate:20170804234117j:image

 

これ、なんだったっけ?(爆
f:id:capprivate:20170804234137j:image

 

地元の変わり種焼酎も頂きました
f:id:capprivate:20170804234230j:image

 

もうすっかりお腹も満足。ゆるゆる街を下って行くと、とあるお店の前でちょっとした人だかりが。

 

なんじゃろ?
f:id:capprivate:20170804234353j:image

 

おー、お前さんがアイドルだったかw
f:id:capprivate:20170804234440j:image

 

道後をめっちゃ楽しんだあとは、今回の松山訪問のメインイベントに行ってきました。ま、それは割愛しますが…

 

松山の夜もだんだんと深まっていきました。
f:id:capprivate:20170804234753j:image

 

(続く)…のか?

【朗報】eJALポイントの払い戻しが可能に(しかし11月以降)

日本航空さんのHPを眺めていたら「旅客サービスシステムの刷新に伴う、各種お取り扱いについてご案内いたします。」というお知らせがあることに気づきました。

 

 旅客サービスシステムの刷新に伴う、各種お取り扱いについて - JALマイレージバンク

平素よりJALグループをご利用いただき、誠にありがとうございます。
JALグループは、2017年11月16日(木)に旅客サービスシステムの刷新を予定しています。
各種お取り扱いに変更点がございますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。
なお、追加の変更点は決まり次第、随時更新してまいります。

 いろいろ変更するようですが、やはり一番の目玉はタイトルの通り。

e JALポイント特典の取り扱い変更について

e JALポイントお支払い分の払い戻しが可能になります。

まじか!日本航空さん。やりおった…!(一徹談

というか、今までなんで払い戻しできないのよ?って不満でしたもんね。ここんところは、同様の仮想貨幣ともいえる全日空さんのスカイコインは払い戻しができていたので、ようやくサービスレベルが追いついたってところでしょうか。ちなみに国内線・国際線、どっちにも適用とのことです。

その他にもいろいろあるようですが、小生が気になったのは

 JALグループ国内線特典航空券の有効期間変更

ご予約便に限り有効です。
予約変更締切日までに予約変更された場合に限り、最初の発行日(マイル引き落とし完了日)の翌日から数えて1年間有効です。

 今までは90日間でしたから、大幅なサービスレベルアップですね。

 

ファーストクラス・クラス Jご予約時のお支払い

2017年11月16日(木)より、ファーストクラス料金・クラス J料金を含んだ運賃となりますので、ご購入時は全額まとめてお支払いください。

分割して払う人っていたのか…。というか一括で払うのが普通と思っていたんですけど。

 

あと改悪?となった点も。

JALグループ国内線特典航空券ご搭乗日出発空港でのご利用について

ご予約便より早い出発時刻の便で、同一区間・同一クラスに空席がある場合においても、ご予約便以外への変更はできません。

これは地味に痛いケースもありますが、そもそも国内線で特典航空券を発券する気になれない小生にとっては、あまり影響ないかもです。

 

ともかく、もうしばらく先の話ですけど、結構いい感じになるんだろうね。って感じw

期待しています!

【TPE】台北:桃園国際空港初訪問、そしてキャセイパシフィック航空のラウンジにお邪魔してきました

2017年6月12日のこと。先日のJGC解脱集中フライトの終盤、台北の桃園国際空港にあるキャセイさんのラウンジに立ち寄りましたので、そのレポートを。

 

小生、これが3度目の台北訪問となりますが、いつもは往復とも松山空港を利用してたました。しかし今回は、初めてとなる桃園国際空港を知りたいというのと、往復で航空機機材、つまりシートを変えてみたいという、ゲスなモチベーションのなせる業であったのでしたw。

 

まずは新しくできたMRTから

さて、10:00にフライトということで、6:30にホテルをチェックアウトします。ずいぶんと早いと思われるでしょうが、ラウンジリサーチのためには早朝からの行動が吉(のはず)です。チェックインの2時間前を目指して、そそくさとMRTの台北駅に向かっていきます。

 

f:id:capprivate:20170618200914j:plain

ピカピカの駅!

 

MRTはいわゆる各停と快速の2種。もちろん快速に乗りました。なんやら座席の手すりにこんなボタンがありましたが、最初はなんだかよくわかりませんでした。

 

f:id:capprivate:20170618201149j:plain

なんぞ?

 

実はこれ、読書灯のスイッチでしたw。ちなみにシートはリクライニング式ではありません。

 

空港到着

そんなこんなでキョロキョロしながら台北駅を出発して40分弱、初となる桃園国際空港(Terminal2)に降り立ちます。

 

f:id:capprivate:20170618201418j:plain

ひょ~~!デカい~~~!!

 

時刻は7:40、フライトの2時間20分前でしたが日本航空さんのカウンターは受付を開始しておりました。

 

f:id:capprivate:20170618201647j:plain

今回の旅は往復Cクラスです♪

 

さらっとチェックイン完了。ビジネスクラスということでちょっとわがまま言ってみました。「保安検査所にGold Trackとかの優先はないんですか?」「この空港にそんなのないわ♪ ンフ」と美しい笑顔で返されます。ですよねーw。そんなお姉さまのお言葉を踏まえ、いざ保安検査場へ向かったのですが…

 

f:id:capprivate:20170618202339j:plain

えーと…なにか配給してるんですかね?

 

保安検査所抜けるのに20分近くかかりました(滝汗。無事出国できたらあとはラウンジ。そう、キャセイパシフィックさんのラウンジに向かうだけです!!!

しかしですね…キャセイさんのラウンジってTerminal1にあるんです。ここTerminal2とは実は制限区域内でつながっているのは知ってましたが、「相当歩く」という事前情報も同時に仕入れていましたw

 

f:id:capprivate:20170618202832j:plain

Terminal1の文字すら書いていませんwww

 

キャセイパシフィックさんのラウンジはすごかった…

とにかくひたすら歩きました。2度ほどInformationでラウンジの場所を確認しつつ歩くこと20分弱。ようやく到着です!

 

f:id:capprivate:20170618203102j:plain

キャセイさーーーん\(^o^)/

 

はやる心を抑えつつレセプションで搭乗券を差し出します。が…「ちょっとお待ちを」と言われ何やら調べてるじゃないですか。んー、JAL便のCクラスで入場できるはずですが、やはりひと手間かかるんでしょうね。でも無事入場と相成りました。

 

f:id:capprivate:20170618203500j:plain

どーーーん!これがキャセイクォリティやで!!

 

f:id:capprivate:20170618203540j:plain

いちいちオサレ!

 

すごいっすね…。いろんなテイストが入り込んでいるんですけど。絶妙なバランスでまとまっているというか。簡単にいうと落ち着きます!

 

f:id:capprivate:20170618203653j:plain

バカルディ&ソーダで朝から一杯やっちゃってますw

 

f:id:capprivate:20170618203731j:plain

ドリンクはひとつひとつオーダーするスタイル

 

f:id:capprivate:20170618203811j:plain

f:id:capprivate:20170618203832j:plain

何の変哲もないおつまみもオサレに見えてきます

 

ひとしきり喉を潤してから、いよいよここんち訪問のメイン、ヌードルバーです!!キャセイさんところの麺は相当うまいという話ですのでオーダー前から楽しみで仕方ないですw

 

f:id:capprivate:20170618204213j:plain

もういちいちオサレ←

 

カウンターで注文すると、お渡しベル(なんていうの?正式名称)を渡されます。実はメニューの漢字がよく読めず、とりあえず自分でも知っている牛肉麺と包を注文しました。

 

f:id:capprivate:20170618204325j:plain

音は鳴らず、光るタイプです

 

2分もかからず出来上がりです♪、さっそくいただきます!

 

f:id:capprivate:20170618204555j:plain

 

f:id:capprivate:20170618204651j:plain

ピンボケなのはドキドキしている証拠

 

う…うまー!!!!!麺はキューキュー(シコシコ)、スープもしっかり濃い味わいです!!台北市内での庶民の味も最高ですが、ここまで洗練した牛肉麺は別格ですね。あっという間に完食。一食分が小さいサイズなのもグッドです。

ということで二杯目を…(おいおい

 

f:id:capprivate:20170618204943j:plain

ワンタンメン!

 

これは固めの細麺で固茹での青梗菜ともベストマッチ。つかこれ超ウマいんですけど!

 

いやー。

ぶったまげました。

キャセイさんのヌードルバー、これ食べに来るだけでも「アリ」です!

ごちそうさまでした!!!

 

帰り道

さてさて、腹いっぱいになったところで軽く運動でもしますかね。そう、搭乗口まで再び歩く必要がありますw!!

ラウンジを後にして少ししたところで場内の案内板を発見。僕の搭乗口はD1、どうやら相当距離がありそうですね…

f:id:capprivate:20170618205407j:plain

28分ってどんだけ歩くんだよ…

 

まーごだごだ言っても仕方ありません。はいはい歩きますよっと。でもですね…

f:id:capprivate:20170618205636j:plain

向こう端が見えねぇ…(´・ω・`)

 

ホント、歩いても歩いてもたどり着ける気がしませんwww。ラウンジを出たのが9:15。30分ありゃ余裕だよねって思ってましたが、実際のところ速足で23分かかりました(汗。桃園国際空港、超絶広いですね(涙目

 

f:id:capprivate:20170618210129j:plain

無事搭乗、さらば台湾。

f:id:capprivate:20170618210725j:plain

787なので無意味にテンション上がったのは言うまでもありません

 

まとめ

キャセイパシフィックさんのラウンジはTerminal1にあります。Terminal2からはめちゃくちゃ遠いです。が、これは行く価値あり!と思える内容でした。次の訪台の際も間違いなく行きますね♪、ありがとうございました!

 

 

 

【対象のお客様限定】キャンペーン突撃!---JGC解脱とその後のプランニング

こんにちは、CAPです。2017/6/15の朝にて無事JGC解脱と相成りました。

一昨年のSFC修行時代は、あれこれ模索して11月にギリギリ解脱した苦い経験を活かし、JGC修行はそこそこ高効率にてFOP取得を積み重ね一応上半期内でクリアしました。

 

 

f:id:capprivate:20170615200812p:plain

やったぜ\(^o^)/サファイア

 

でもここ数日間は今か今かとリロードしまくっていましたwww

f:id:capprivate:20170615200657p:plain

寸止め喰らってからも何レグか乗っていました。

 

 

とりあえずサファイアのステータスカードが着弾次第、JGC登録をお願いしようと思っております。だってステータスカードも欲しいんだもの!!←

 

---

で、ここで修行を終えてあとはのんびりするのが一般的?だと思うのですが、実は小生、来月にJakartaへの出張を控えておりましてですね…。

ひょっとしたら…

 

J G C プ レ ミ ア 狙 え る ん じ ゃ ね ?

 

って、まんまと日本航空さんに釣られたわけですよ、はいww。しかし結構ハードなのもこれまた事実。JGCプレミア達成要件はこんな感じ。

JALマイレージバンク - JGCプレミア:予約

JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便へのご搭乗が以下に該当するお客さまにお届けします。

  • 毎年の1月~12月の12カ月間(暦年)で80,000FLY ONポイント(うちJALグループ便40,000FLY ONポイント)以上
  • または80回(うちJALグループ便40回)以上かつ25,000FLY ONポイント以上

 80,000FOPか…(吐血

でもJakarta往復だったら8,000FOPちょっと(エコノミー・Mクラス換算)ゲットできるしなぁ。ここでいらで、FOPゲットを加速させるターボチャージャーはないものか…?と模索してましたが…

 

ありました!ってことで、今回の本題、JALさんの「対象のお客様限定」キャンペーンですね。限定…であってもJMB会員であれば、とあるところに電話して申し込むだけで誰でもエントリーできるものです。とあるところとはJMB日本地区会員事務局です。

JALマイレージバンク - JMB日本地区会員事務局の電話受付サービスについて

ここに電話をかけてオペレーターさんに繋がったら、「正式名称を伝えてキャンペーン登録を申し出る」だけです。正式名称を伝える、というのがキモのようです。

 

で、今回エントリーしたのはこのキャンペーンです。

f:id:capprivate:20170615202727p:plain

やはりFOPを稼ぎたい←

 

そして、本命キャンペーンエントリーのついでと言っては語弊がありますが、以下の2つもエントリー申し出ました。

f:id:capprivate:20170615203044p:plain

定番のヒトシナ。株優は対象外である点は要注意です。

 

f:id:capprivate:20170615202903p:plain

国際線でちょっぴりマイルが積算されるというもの。Jakarta行くし!

 

これらのキャンペーンは文字通りの「対象のお客様限定」なので本来エントリーできないようになっています。しかし先述の通り、直接電話して申し出れば受け付けてくれることを存じていたので、先述の通りオペレーターさんに申し出たのです。そこでお決まりのセリフ、

「このキャンペーンは本来対象のお客様限定ですが、CAP様にはこちらにお電話いただいたので、今回は【特別に】受付させて頂きます」

を待っていたのですが、なぜか今回は聞くことがなくさらっとエントリー完了。ちょっと拍子抜けでしたw

 

なおこれらのキャンペーン、2017/7/1から2017/8/31までの2ヶ月間となっていますので要注意です。

そんなこんなで、サファイア到達と共にJMBプレミアへの出発となった本日でございます。それと合わせて、日本航空さんは「陸マイラーよりも空マイラー向け」であることを実感いたしました!

 

 

 

羽田空港サクララウンジのシャワールームは超快適だった

みなさんこんにちは。ようやく夏が近づいてきましたね。おっさんはただでさえクサいので、毎朝毎晩のシャワーが欠かせません(必死。

さて出張などで外回りをしているとひとっ風呂浴びたい時がありますよね?ましてや仕事上がり、これからフライトでもするか、ってな時にはスッキリして搭乗したいものです。

 

というわけで羽田空港サクララウンジに潜入してきました!

 

シャワールームを使いたい場合には、「シャワールーム使わせてください」とラウンジのレセプションに申し出るだけです。ゲスいですが、もちろんタダです!羽田空港のカードラウンジにもシャワールームが設置されていますが、あちらは1000円程度の料金がかかります。気楽にシャワーお借りできるのなら、これは利用させてもらうしか!ですね。

ラウンジに入る時とは別に、当日の搭乗券をいつものようにピッとかざす必要があるようですが、そうするとシャワールームのカードキーを渡してくれます。また、ルームに常備されていないアメニティはこちらで拝借していく必要があります。小生は歯ブラシを貰っていきました。


f:id:capprivate:20170610105106j:image

しっかり鶴マークが刻まれています。

 


シャワーブースはレセプションの脇の通路から進んでいきます(南ウイングの場合)。シャワールームは5室あります。


f:id:capprivate:20170610105040j:image

満を持していよいよ潜入w

 

中を覗いてみると…おおおおおお!


f:id:capprivate:20170610105419j:image

シックです!おしゃれです!なぜかテンションアガります!

 

アメニティはバスタオル、フェイスタオル、ボディタオルの三種セット。


f:id:capprivate:20170610105828j:image

ポイントサイトの基礎知識

 

予めお断りしておきます

この記事は「ポイントサイトって何よ?」と質問があった知人からの問いに対するものです。ですので何も目新しい情報はありません。また末尾にご紹介の、ポイントサイト登録リンク経由から登録された場合は、小生に「ご紹介ポイント」などのお小遣いが入る仕組みです。これは他のブロガーさんも使っている手段です。なので小生に1ポイントもやりたくねー、という方は、各ポイントサイトを「素で」訪問して登録なさってください。逆に、まーよく書いたもんだ、しゃーねーな小遣いやるわ、という奇特な方。末尾のリンクから登録をお願いします!m(__)m

 では続けます。

 

前フリ

もう陸(おか)マイラー界隈では、毎朝目覚めたら歯を磨くとか、トイレに入ったら手を洗うとか、ポイントサイト活用は超絶当たり前の生活の一環なんですよね。でも大抵は、

なんかクッソ怪しい…

の一言でスルーされちゃうポイントサイトww。わかります。それってネズミ講のようなものでしょ?ですよね?

違います。至極健全なビジネスモデルなのです。

 

ポイントサイトとは

もう、数えきれないほどの先人たちが事細かに説明されていただいておりますので、本ブログではサクっとだけ説明します。

あなたのアクティビティに応じて、ポイントという形で利得が還元される

というものです。しかも危険性はほとんどありません。ほとんど、という但し書きが付いたのは、やはり世の常かな、どこにでも悪徳サイトというものが存在するからですが、そのようなものはちょっと調べれはすぐに判明するものです。小生も3年以上利用している後述のサイトあたりは、損こそしませんが得ばかりするものなんですよね。

 

ポイントサイトの使い方

いつものオペレーションに、ちょっとひと手間かけるだけです。別の言い方すると、このひと手間かけるのすら面倒な方はやらない方がいいです。そういった方にはポイントサイト活用は向いていません。断言します。

余談でした。で、どうするのかというと、目的のサイトに行く前にあらかじめ登録しておいたポイントサイトにまずログインして、目的のサイトの広告を探します。この広告のことを「案件」と言います。案件が見つかったら、そこから目的のサイトに行くリンクが張っていますので、そのリンクを経由して当初目的のサイトに行きます。これだけ。

例示します。楽天トラベルでホテルを予約したいとします。通常だったら

楽天トラベルのサイトに行く」

当たり前ですよね?楽天トラベルを利用したいですから。ここでポイントサイトを経由するとどうなるかというと、

「ポイントサイトにログインする」>「楽天トラベルの案件を探す」>「(案件ページに張ってある)楽天トラベルへのリンクをクリックする」>「楽天トラベルのサイトに行く」

こんな感じです。

探してもその案件が見つからなかった場合は、そのサイトはあきらめましょう。直接目的のサイトに行くか、別のポイントサイトを検索してください。

 

ポイントサイトでポイントが与えられる仕組み

ポイントサイトも、れっきとした経済活動の主役です。よってタダでポイント(≒仮想貨幣)をくれるわけがありません。何らかの収益モデルがあってこそのポイント付与をしてくれます。その収益源は広告主となります。つまりこんな感じです。

  • 広告主は、広告を掲載するようポイントサイトに依頼して、広告費を払う
  • ポイントサイトは、その広告の案件が「成約」できるようにインセンティブを付ける
  • インセンティブに釣られた我々が、その広告案件と契約する
  • 結果、インセンティブが我々にポイントサイトからのポイントという形で謝礼される
  • 広告主は、当初支払った広告費に見合っただけの成約となって、ニンマリ

上記を例にするとこんな感じです。

  • カード会社)ウチのカード会員をあと100名増やせと会議で決まったので、とりあえず予算を100万円もらった。よし、あそこのポイントサイトに依頼しよう。
  • ポイントサイト)わかりました。広告を出しましょう。一件の成約で8,000ポイントを還元するような広告を張りましょう。(差額の2,000円はポイントサイトの収益です。
  • 我々)お?カード発行するだけで8,000ポイントゲットか…!こりゃ発行するしか!ひゃっほい♪
  • ポイントサイト)申し込んでくれた人たち全員に8,000ポイント付与しましたよ。成功報酬の2,000円×100=200,000円はウチの取り分でいいですよね?ひゃっほい♪
  • カード会社)100万の予算で100名の会員ゲットしたぜ!ひゃっほい♪

と、皆さんWin&Winの関係になるのです。先述のネズミナントカは、子や孫がヒーヒー働いてシノギを上納する仕組みなのですが、ポイントサイトは誰も損しません。

 

ポイントの使い道

ポイントサイトによって、そのサイトでの1ポイントが1円相当であったり、10ポイントで1円相当であったりします(中には20ポイントで1円相当とかって、超インフレなところもありますが)。この「相当」というのは、獲得したポイントをどう使うか?によります。別の言い方をすると、いろんなものに交換できます

一番わかりやすい例は現金化、ゆうちょ銀行などお手持ちの口座に「ポイントの金額相当分」を振り込むことができます。その他として他のポイントやマイレージに交換するというもの。例えばEdyやTポイント、ANAマイレージなどへの交換ですね。この場合、往々にして電子マネーは1:1の交換比率(すなわち等価交換)、航空系マイレージは3:1とかの(よろしくない)比率で交換されるのが一般的です(もちろん例外がありますよ!)。

 

ポイントサイトの選び方

まずは何らかのサイトに登録することから始まります。昨今では百花繚乱の様相ですが、しかし一方では玉石混淆とも言えます。小生は以下の点を重視して選択されることを勧めます。

  1. そのサイトで扱っている案件数が多いこと
  2. 獲得したポイントを素早く交換できること
  3. 獲得したポイントの交換先が豊富なこと

まずは一点目。サイトによってはショッピングに強い、クレジットカード発行に強いなど、扱っている案件にばらつきがあります。でもなるべく日常で使い倒したいところ。様々な案件が掲載されている方が利用シーンが多くて助かりますよね。食料品やDVD、書籍といったネットショッピングは当然のこと、宿泊予約や高速バス、航空券の予約、ヤフオク出品なんかですらポイントが付くんですよね。

次に二点目。これは意外と見落とされがちです。先ほども述べました通りポイントサイトは営利団体です。よって競争原理が働きます。ということは、より多くの契約数を(他のサイトよりも)獲得しようとするわけで、勢い、一件成約あたりのポイント付与数を多くしているサイトが散見されます。例えば、同じクレジットカードを発行するような案件があるとしましょう。Aサイトからは5,000円分の、Bサイトからは8,000円分のポイントをそれぞれもらえるとすれば、もちろんBサイトを選びますよね?ところが、Aサイトは5,000円分のポイントが貯まれば現金化できる、でもBサイトは20,000円分貯めなければ現金化できないとしたらどうでしょう?それに加えて、Aサイトは無料で現金化OK、Bサイトは手数料として500円分のポイントが必要とでもなれば、ホイホイとBサイトに食いつくのはいかがなものかと思うのです。

三点目は現金化や別のポイントサイトのポイント、マイレージなどへの交換ルートが豊富であるか?ってことです。いずれ別の機会に説明いたしますが、特に航空系マイレージへの交換をしようとした際に、直接交換するよりもある一定のルートを経由して交換した方が遥かにレートが高いということがしばしばあります。このルートに乗せることができる交換先があるかないかで、そのポイントサイトを選択しないという判断もあり得ます。

 

おススメサイト

まずは老舗のハピタスさんです。上記の各要素を高バランスで達成しています。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイント付与率は標準的ではありますが、ほとんどの案件をカバーしています。最初にポイントサイトを試してみたい、という方にもぴったりです。旅行好きな小生もヘビーユーザーでして、じゃらん楽天トラベル、JAL航空券購入なんかを毎月こなしています。

  

続いてモッピーさんです。ハピタスさんほどではありませんが、こちらも案件数は豊富です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ハピタスさんには「ゲーム」という概念がありませんが、モッピーさんにはちょっとした暇つぶしがてら、ゲームでポイントを狙うという手もあります。それに加えて「モッピーxテンタメ」というモニター案件があります。コンビニやネットでビールなんかを買ってレポートを送ると、最大で買った分のポイントが100%返ってくるといったものです。

 

 最後にちょびリッチさんです。こちらもゲーム要素があり、なんといってもクレジットカード発行案件(すなわち大口案件)に強いという特色があります。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 しかも時々爆裂案件を掲載していて、なかなか目が離せない存在ですw

 

その他

小生はこの他にもPointTownさん、Gポイントさん、Panasonic Clubさんなど6~7サイトに登録していますが、やはり小生の3強は先述の通り。やはりあれこれ手を出すと獲得ポイントが分散してしまいますので、これ!と決めたらそこの案件を集中的にこなすのがよいと思います。

大型案件で一撃で爆裂ポイントを稼ぐのもよし、日々の生活に溶け込むように使い倒すのもよし。どちらも小生の使い方であります。皆さんもぜひご検討くださいね。損はしませんからw

 

自動車税は賢く納めようね

毎年この季節になるとブルーですよね…。ゴールデンウイークを挟んだあたりから、毎日ビクビクしながら郵便受けを確認していたんですが…

 

はい、今年も来てましたー!不幸のお手紙!!(血涙

 

f:id:capprivate:20170528175731j:plain

どうしてくれよう…

 

もう、クルマ持つのは悪だとでも?しかも長く乗れば乗るほど重税を押し付けるって…役人はバ〇なの〇ホなの?乗ってもクッソつまらんエコカーなんぞに大衆を扇動した結果が、この国の稚拙なモータリゼーションをだな…(長そうなのでこの辺で

税金なんぞは一円でも安く

理不尽な仕組みで徴収される(←また暴言)税金は、ビタ一文ともまけてくれませんが、だとしたらこちらもセコく回収する知恵を付けましょう。まず最初に言っておきますが、現金で払ったら負けです。いわゆるポイントで回収する、これ鉄則です。

じゃどうするのか。ポイント?わかったクレジットカードだな!

うん、半分正解です。今回はクレジットカードとnanacoとの合わせ技で納める方法のおさらいです。毎年実践しているのですが、「あれ?どうすんだったっけ…?」と今年も戸惑った部分がありましたので、以下、備忘録的な感じで。

nanacoでの納税ではポイント付きません

すでにたくさんのブログでもご紹介されている通り、nanacoマネーでの納税ではポイント付与対象外です。そもそも電子マネーで納税できるのはnanacoくらいですから、贅沢言っては罰が当たるかもですが、ここはしつこくセコく粘りましょう。nanacoへのチャージで間接的にポイントを貯めるわけです。

 

でもnanacoのチャージって現金でしょ?

確かにセブンイレブンとかのレジでチャージしている方を多く見かけますが、先ほども言いましたよね?現金で払ったら負けです。クレジットカードでチャージするのです。チャージした金額分、そのクレジットカードにポイントが付きますので、これを回収するというのが今回の趣旨になります。

といってもnanacoへのチャージでポイントが付くクレジットカードは、そんなに多くは存在しません。そもそもチャージすらできないクレジットカード(アメックスなど)が大勢を占めていますので、まずはここがキモとなります。

nanacoチャージでポイントが付くクレジットカード

まずはご本家のセブンカードプラス

セブンカード・プラス 特長|セブン&アイグループのお買い物はセブン・カードサービス

 セブンカード・プラスで、電子マネーnanacoへクレジットチャージをするとポイントがたまります。

 しかしですね。200円チャージで1nanacoポイントの付与、つまり0.5%の還元率です。しょぼい…しょぼすぎます…。

 

続いてはおなじみの楽天カード

楽天カードでnanacoにチャージできますか。 | 楽天カード:よくあるご質問

 nanacoチャージができる楽天カードは、楽天カード(JCB)のみとなります。
なお、nanacoチャージに楽天カードをご利用いただいた場合、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを「楽天カードご利用獲得ポイント」として付与いたします。

 100円のチャージで1楽天スーパーポイントの付与、1.0%の還元率ですね。ギリ合格ラインです。なお要注意は、冒頭にシレっと書いてあるJCB」ブランドのみという点です。楽天カードはVISA、MasterCard、JCBのブランドが選べますが、JCBのカードのみポイント付与対象です。

 

そしてYahoo! Japan カード

こちらも1.0%の還元率、ポイント付与はJCBブランドのみと、楽天カードと同じ規定のようですが、公式HPを探してもその記載が見つけられませんでした…。誰か教えて←

僕は楽天カードにしました

やっぱり還元率重視でしょ!←。どれどれ、さっそくチャージを…と思ったら、現在紐づけていたクレカはセブンカードプラスの方でした(どちらも持ってます)。そもそもセブンイレブンでは、nanacoは使わずセブンカードプラスで日常決済してますので、クレカ紐づけ設定に無頓着だったんですね。ということで、nanaco会員メニューにログインします。これはnanacoユーザーにはおなじみですね。

nanaco / ログイン

そこから楽天カードに切り替えたわけですが、ここでまず一つ目のポイント。

f:id:capprivate:20170528164234p:plain

登録クレジットカード変更後、24時間経過後からご利用いただけます。

 

そうであった…忘れてた。この日はこれで終了。24時間経過を待ちます。

さっそくチャージします

翌日、先のサイトからチャージを開始します。今回は都合66,500円チャージ。ええ、このご時世、時代遅れとも言われてもおかしくない大排気量のクルマです(血涙。一回のチャージでなぜか半端な29,000円までいけますので、3回チャージを繰り返す必要がありますね。まずは一回チャージをして、次のチャージをしようかな、ってところでエラーが…

f:id:capprivate:20170528165734p:plain

センターお預かり限度額超過…忘れてました。

 

nanacoへのクレジットカードチャージはちょっと面倒でして、チャージするといったん「センターお預かり」というステータスになります。その後、レジかセブンイレブンATMにて「残高確認」という処理を踏まえて、カードにチャージ分が移行されて使えるようになります。

で、センターお預かり分、カード格納分がそれぞれ5万が上限という縛りがありまして、29,000円×2はセンターお預かりにできなかったのです。

そこで早速セブンイレブンに駆け込んで、まずは残高確認してくることにします。面倒ですが仕方ありません。無事29,000円分をカードに移行させて、また部屋に戻って二回目のチャージをします。先ほども述べましたが、今回は66,500円のチャージですので、またセブンイレブンに戻って二回目の残高確認をします。あー面倒ww、そして残りの2万(今回は余裕持ちました)をさらにチャージ。これで準備完了です。

f:id:capprivate:20170528172447p:plain

こんな感じです。マネー残高には枠いっぱいの5万円分移行しておきます。

 

実際に支払う

納付書をセブンイレブンに持って行って、レジで「nanacoで払います」と告げます。で、ここでも注意事項です。今回は何度も述べてますが66,500円の納付。ということは5万円フルフルにチャージしてるnanacoカードでも払いきれません。後述する残高確認を織り交ぜての複雑なオペレーションとなるため、対応してくれる店員さんの選択は超重要となります。できれば店長クラスが店頭に立っている時を狙いましょう。外国人店員さんは避けた方が賢明でしょうw。

で、いよいよ決済してみます。まずnanacoで支払おうとしてPOSにかざすと、当然ながら残高不足のエラーとなります。そこで「カード残高の5万円を、先にnanacoで支払います」と言って一回目の支払いをします。

続いて「センターお預かり分を残高確認してください」と言って、お預け分をカードに移行します。ここがちょっとした鬼門でして、店員さんによってはこのオペレーション(決済途中で残高確認する)をよく理解できていないようです。ヘタすれば、せっせと貯めてたnanacoポイントを移行されたりします(実際されたことあります)。なので「残高確認」、このワードは重要ですw。残高確認ではまたPOSにカードをかざして、例の「ピロリーーン♪」を鳴らすことになります。

そして最後は「残額をnanacoで支払います」となります。これで無事、nanacoで5万超過の公金払いが終了したわけです。

f:id:capprivate:20170528174632j:plain

左は途中で残高確認した時のもの、右は最終決済時のものです。

 

f:id:capprivate:20170528175022j:plain

今年もなんとか納付完了。

 

まとめ

  • ポイントが付くクレカを用意&紐づけ
  • カードには5万円分フルにチャージ、足りない分はさらにセンターにお預け
  • 店員さんは吟味せよw
  • nanacoでまず5万支払う→残高確認でnanacoカードに移行→さらにnanacoカードで支払う

こんな流れですね。今年は現金で支払っちゃったよ、って方は来年に向けて楽天カードでもご準備ください。

でもなんで、こんな納付期限ぎりぎりだったのかって?クレカ引き落とし月をボーナス支給後にしたかったからですww!!ほんと、もっと安くしてほしいっすよね税金。